「不安」感で困っている、なんだか「うつ」っぽい、そんなあなたに贈る、対処と解消のとっても簡単な方法

・「不安」や「うつ」はおかしななことじゃない、対処の第一歩はあなたの見方を変えることです
あなたは、いつもなんとなく不安で、落ち着かないのでしょうか。
それともなんとなくうつっぽく、元気が出ない毎日なのでしょうか。

もしそうだったとしても、「どうして自分はこんなに不安なんだろう」とか「なんでこんなに元気がないんだろう」とか、考える必要はないんです。

その代わりに、こんなふうに考えてみたら、どうでしょうか。

「世の中には思うとおりにいかないことなんていっぱいあるし、明日何があるかなんて分かるわけもない。不安を感じたり、うつっぽくなったとしても、なんにもおかしなことじゃない」

「不安」や「うつ」を抱えていると、今の状態をなんとかしなくちゃ、と思うのも当たり前ですが、「なんとかしよう」と思っても、意志の力ではなかなかうまくいきません。

ですから、こんなふうに「不安」や「うつ」に対するあなたの考えを変えることが、そうした気分の問題に対処するための第一歩になるんです。

・「不安」や「うつ」は、体全体で感じてやれば、流れさって消えていきます

「不安」や「うつ」がやってきても、それをなんとか振り払おうとは思わないで、まずは、それが

「別におかしくもなんともない、自然なことなんだ」

ということを思い出してください。

そして、「不安」や「うつ」の気持ちを「いやだなぁ」と思う代わりに、体から力を抜いて、全身でそれを味わってやればいいのです。

「いやな気持ちを味わうだなんて!」とあなたは思うかもしれません。

でも、そうしたマイナスの感情を否定しようとすると、あなたの中で生まれた感情のエネルギーは、行き場を失って心の奥底に溜まっていくことになります。

実はそれこそが「不安」や「うつ」を引き起こす原因なのです。

あなたが人生で経験した悲しいことや苦しいこと、そうした感情が十分に表現されないまま、あなたの心の深いところにたくさん溜まっていて、それがあなたに「不安」や「うつ」を感じさせているのです。

ですから、はじめは不快に感じるかもしれませんが、「不安」や「うつ」をしっかりと体全体で表現し、それをきちんと受け止めてあげてください。

子どもの頃、わんわん泣いて、泣き終えたら気持ちはすっきりしてた、っていうような経験はありませんか。

それと同じことで、どんな感情でもきちんと表現してやりさえすれば、いずれ洗い流されて、消えていくことになるのです。

・安心してできる環境を用意してから、十分感情を味わいましょう

「不安」や「うつ」がやってきたら、まずは目を閉じて深呼吸をしながら、「これは自然なことなんだ」と心の中で唱えてください。

そして出先や他の人のいる場所だったら、場所を変え、一人になれるところや落ち着けるところにいくのがいいでしょう。出先などではトイレの個室に行くのもいいかもしれません。

自分の部屋にいるのなら、寝そべるなりなんなり好きな姿勢で、とにかくリラックス出きればいいのですが、おすすめは、首のあたりから下腹まで届くくらいの大きさの枕を抱いて、うつ伏せになる姿勢です。

人間は、お腹の側に暖かい接触を感じることで、安心してリラックスするような神経の仕組みを持っています。

本当はあなたのことをきちんと受け止めてくれる誰かに抱いてもらうのが一番いいのですが、なかなかそうもいかないでしょう。

誰か信頼できる人に手を握ってもらうことができたらそれもいいですし、猫や犬などと触れ合うことでも、大きな安心感が得られます。

そうした「スキンシップ」が得られた状態で、きちんと自分のマイナス感情を体で感じ、味わってやることができれば、「不安」や「うつ」のマイナス感情も、徐々に洗い流されていきます。

出先などで、十分な環境が作れない場合でも、左の手のひらを胸に当て、右の手のひらで下腹をおおってやることで、安心の神経を活性化することができます。

公園や駅のベンチででも、喫茶店ででも、座って目を閉じ、胸とお腹に手を当てながらあなたの体の中で生まれた気持ちを味わってあげてください。

はじめのうちは、なかなか慣れないかもしれませんが、慣れてしまえばきれいにマイナス感情を流してしまえるようになるはずです。

★スポンサーのリンクです★



・「不安」も「うつ」もほんとは友だち、あなたが疲れてるのを知らせてくれてるんです

「不安」も「うつ」に限らず、「悲しみ」や「おそれ」などのマイナス感情は、「ただやっかい」というだけのものではありません。

それは、あなたが「疲れていること」を知らせてくれている、役に立つ友だちのような存在なのです。

マイナス感情が浮かんできたときに「いやだな」と思う代わりに、

「そうか、自分は疲れてるのか、疲れてるのを教えてくれてるんだな、ありがたいことだ」

と思ってみてください。

それだけでもいくらかは気分は楽になるはずです。

そして、自分をいたわり、休息の時間を取ってあげてください。

そのとき、
– 「どうしてこんなマイナス感情が浮かんでくるんだろう」とは考えず、
– 「疲れてるときには、マイナス感情も浮かんでくるさ」と考えて、
安心できる環境を作り、「マイナス感情」を味わう時間を取ってやるのです。

これが習慣になり、その日その日のマイナス感情をきれいに流せるようになれば、疲れは取れて、体も楽になり、日々の暮らしを楽しむための元気が回復することになります。

・マイナスの感情がやってきたら、「疲れ」のサインとして受け止めること、

・心が疲れたときは、体を休め、そのときの気持ちを全身できちんと味わってやること、

この二つのことを心がけるだけで、あなたの心から「不安」も「うつ」も嘘のように消えてなくなっていくはずです。

☆気が向いたら、こちらもどうぞ。

[人生を気楽に生きるためには、これだけ分かってれば十分]

[自由に生きるキミたちへ]

[ 坐禅とか瞑想とか、かたくるしく考えないで気楽にやってみましょう ]

[ 悟ってしまえば「悪」なんてなくなるんです ]

[ 幸せ魔神を呼び醒ませ ]

[ ダボラ・カダブラ ]

★スポンサーのリンクです★



コメントを残す