自ら死を選ぶ前に – あなたを愛してくれた人がいるはずです

あなたが自ら死を選ぶことを考えているのならば、それを実行に移す前に、一つだけ考えてほしいことがあります。

それは、あなたを愛してくれた人のことです。

あなたは今、

「苦しくてしかたがない、もう死んでしまいたい」

と思っているのでしょう。

けれども、あなたが今まで生きてきからには、あなたには誰かに愛された経験があるはずです。

あなたは、家族からもひどい仕打ちを受ける中で、なんとか今まで生き延びてきたのかもしれません。

あるいは一見あなたを思っているように見える母親のエゴにがんじがらめにされた人生だったのかもしれません。

そうだったとしても、いえ、そうだったとすればなおさら、あなたの命を、どこかで誰かが、支えてくれていたに違いありません。

  *  *  *

それは近所のおばさん、おじさんだったかもしれません。

いつもは会えない、おばあちゃんや、おじいちゃんだったかもしれません。

ひょっとすると人間ではなく、飼っていた猫や犬や小鳥、あるいは学校で買われていたウサギだったかもしれません。

  *  *  *

あなたにほんの少しの気遣いをしてくれた人、

あなたを守ってくれた人、

あなたと一緒にいて、あなたの心に安らぎをもたらしてくれた存在、

あなたに愛を分けてくれたそうした人や存在があったからこそ、あなたは今まで生きてこれたのです。

あなたを愛してくれたひとたちのことを、よく思い出してください。

あなたが何ができるか、とか、どんな人間か、ということとは関係なく、ただありのままのあなたを愛してもらったときの、自分の中に生まれた温かい気持ちを、いま思い出すことができますか?

ひょっとしたら、今はしんどすぎて、その気持ちを思い出すことはできないかもしれません。

けれども、心配する必要はありません。

今は、自分にも愛を分けてくれる存在があったことを思い出し、

「ただ生きているだけでいいんだ」

ということを、心の隅にとどめることができれば大丈夫です。

本当に死にたくなったときには、いつでも死を選ぶ権利があなたにはあります。

けれども、今は一旦その考えは横において、自分を愛してくれた人たちのことを考えてみてください。

自分の中の「生きたい」という思いに耳を傾けてください。

今のしんどさを乗り越えることができれば、自分の中の「暖かい気持ち」を感じ取れる日がきっとやってきます。

あなたに与えられた命が、幸せにまっとうできるように、心からお祈りします。

  *  *  *

一人で悩んで苦しいときは、人に相談することも役に立ちます。
勇気を出して電話をかけてみてください。
話すだけで、ずいぶん楽になるものです。

[いのちの電話]

☆こちらの記事も合わせてお読みください。

[自ら死を選ぶ自由について]





☆気が向いたら、こちらもどうぞ。

[人生を気楽に生きるためには、これだけ分かってれば十分]

[自由に生きるキミたちへ]

[ 坐禅とか瞑想とか、かたくるしく考えないで気楽にやってみましょう ]

[ 悟ってしまえば「悪」なんてなくなるんです ]

[ 幸せ魔神を呼び醒ませ ]