「消耗」についてならドン・ファンも散々に言ってるわけですがね

アメリカの文化人類畑出身のカルロス・カスタネダというカルトの大家が死んで、もう二十年近くが経とうとしています。

彼が描いたメキシコの呪術師ドン・ファンの世界は、学者の先生がたにはフィクションという烙印を押されていますが、その人気は今も衰えることがないようです。

シリーズ一作目の 「ドン・ファンの教え」は、言及されることは多いものの、修士論文用に書かれたものが、商業出版に回されたといういわくつきの代物で、はじめてカスタネダを読む方にはおすすめできません。

アメリカでは三冊目の「イクストランへの旅」が一番好まれているようですが、一冊の物語としての完成度という点では、四冊目の「力の話」が絶対のおすすめです。

このシリーズは、ぼくたちがいつも当たり前だと思って疑いもしない、この日常という名の世界が持つ、実は曖昧で不安定で、裏側を見てしまったら、もう戻ってくるのがばかばかしくなってしまうかもしれない、そんな不可思議な様相をかいま見させてくれます。

そして、日常というものとは別の種類の現実のあり方が、確かに存在するのだということに目を開かせてくれる類まれな本です。

これが、事実をありのままに書いたものかどうかは分かりません。

ですが、ぼくの知る限りでは、これに匹敵するようなフィクションなど、そうそうあるものではありません。

ですから、カスタネダという「いかさま師」が、ガルシア=マルケスの「百年の孤独」とも比べたくなるような物語を書いていたのだとすれば、読書好きなぼくとしては、これに勝る喜びはない、といったところなのです。

  *  *  *

さて、ネット上であれこれ検索していると、なぜだが「消耗」とかいう言葉が目について、そのことについつい「うんざり」してしまったりする今日このごろなのですが、「消耗」のことを言うのなら、カスタネダ描くところのドン・ファンが、とっくに語り尽くしてくれてるよな、と思い至った次第です。

ぼくたち一人ひとりの人間に与えられているエネルギーというものは、残念ながら限られたものです。

それなのに、ぼくたちはそんな事情にはお構いなしに、自分のエゴを喜ばせるだけのために、その限られたエネルギーのほとんどすべてを浪費しているというのが、ドン・ファンの言っていることです。

ですから、もしあなたが、今の「何かが間違っている」生活を変えたいと本当に思っているのならば、そんなふうにエネルギーを無駄遣いしている場合ではないのです。

「消耗」している自分に気づいたら、とにかくその「消耗」をやめてみるのが先決です。

他人の「消耗」を、ああだ、こうだ、言ってる場合ではないのです。

とはいえ、これを書いているぼく自身、ある意味では人のことを、ああだ、こうだ言ってるのにすぎません。

けれども、自分がその段階を超えられるように、自分への覚え書きとして、今ぼくはこれを書いてみています。

人に与えられた命は、誰にも平等でたったの一回限りです。

長い短いの運命はあるかもしれませんが、それを生かすも殺すも、まさにあなたの決断次第なのです。

あなたが、与えられた人生を、そしてその命のエネルギーを、どうか十分に活かすことができるように、お祈りします。

ぼくも、がんばって生きようと思います。

あいもかわらず、だらだらと、のらりくらりとではあるのですけども(笑)。

  *  *  *

さて最後に、こちらの本を紹介します。

[ タデウス・ゴラス『なまけ者のさとり方』]

ぼくがこのところ、こちらに書いていることの、ネタ本的なものです。
もう四半世紀も前に出会った本ですが、今読み返すと、若い頃には分からなかった部分が心にしみてきて、ひと粒で何度でもおいしい名著です。

気が向いたらぜひ読んでみてください。

てなことで、みなさん、またそのうちお会いしましょう。

—————

☆こちらもよろしく。

[「いい人ごっこ」は、もうやめよう]

[人生を気楽に生きるためには、これだけ分かってれば十分]

[自由に生きるキミたちへ]

[ 坐禅とか瞑想とか、かたくるしく考えないで気楽にやってみましょう ]

[ 悟ってしまえば「悪」なんてなくなるんです ]

[ 幸せ魔神を呼び醒ませ ]

[ ダボラ・カダブラ ]




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です