自ら死を選ぶ自由について

自殺にせよ、安楽死にせよ、自ら死を選ぶことを誰かにすすめるつもりは毛頭ありません。

けれども、生きていることが苦痛以外の何ものでもなく、もはや死ぬことしか道がないと、もしあなたが思っているのなら、それを否定することなど、誰にもできないことです。

とはいえ、死なずにすむ道を見つけられれば、そのほうがよいでしょうし、この小文がそのための一助になることができたらと思います。

  *  *  *

あなたには、自ら死を選ぶ自由があります。

ということは、逆に生きることを選ぶ自由もあるのです。

死を選びたいと思っているからには、あなたの人生は苦痛に満ちているのでしょう。
たぶん、この世界の不条理を呪っているのかもしれません。

あなたは罠にかかってしまったのかもしれません。

けれども、この罠はたいていの場合、物理的にどうしようもない罠ではありません。

あなたは檻に閉じ込められて逃げられないのでしょうか。

監禁されて、虐待を受け続け、やがて死ぬ日まで、その苦しみを受け続ける運命なのでしょうか。

世の中には、そういった最悪の罠にはまってしまう人も確かにいます。

ナチスが作った収容所のような罠です。

そして、そうした最悪の罠にはまった人たちの中でも、生還する人もいれば、絶望して自ら死を選ぶ人もいます。

ヴィクトール・E・フランクルの「夜と霧」は、自らの収容所体験をもとに、「生還」のためには何が必要だったかを書いたものです。こうした書物にも何らかのヒントがあるかもしれません。

  *  *  *

多くの場合、罠にかかって逃げ出せないというのは、物理的な罠ではなく、心理的な罠です。

あなたは、周囲の人間関係の中で、複雑な網の目に囚われ、身動きが取れなくなっているのでしょう。

そして、その罠から自由になるためには、死を選ぶしかないと思うところまで来てしまったのでしょう。

けれども、もし、あなたが本当は、そのがんじがらめの状況から逃げ出すことができるのだと気がつくことさえできれば、わざわざ死を選ぶ必要はなくなります。

あなたが家族の虐待を受けているのなら、家族から逃げ出せばいいのです。
逃げ出せないと思い込んでいる、あなたの考えこそが、あなたの牢獄なのです。

小さな子どもだったころには、逃げ出したくても逃げ出せなかったでしょうが、今のあなたには、逃げ出すことができるはずです。

自分の思い込みを打ち破ってください。

あなたには、その力があるはずです。

その先には、あなたの自由な人生が待っています。

  *  *  *

自由な人生というものは、決して気楽な人生ではありません。

人間関係でがんじがらめになっていたあなたは、思い切って行動を起こすことで、その重圧から一旦は逃げ出すことができるでしょう。

とはいえ、そこから十分に自由になるには、時間がかかります。

重圧をなつかしく思うようなことも起こりえます。

そして、完全な自由などというものは普通ありえませんし、自由と不自由の間で葛藤しながらも、その中に喜びを見つけていくことこそが、人生というものなのです。

あなたが選ぶ人生が、苦しみをともないながらも、さち多いものとなることを祈ります。

与えられた命の中で、あなたが、最高の輝きを見出すことができますように。

[姉妹サイト、魂の次元@blogspotもよろしく]



☆こちらもよろしくね。

[人生を気楽に生きるためには、これだけ分かってれば十分]

[自由に生きるキミたちへ]

[ 坐禅とか瞑想とか、かたくるしく考えないで気楽にやってみましょう ]

[ 悟ってしまえば「悪」なんてなくなるんです ]

[ 幸せ魔神を呼び醒ませ ]

[ ダボラ・カダブラ ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です