しょせんすべては夢なのですが

人生と言えど、しょせんすべては夢なのですが、夢にも執着するのがヒトという生き物です。

夢で味わう苦しみなど、覚めてしまえばただの幻ですが、見ている最中にはその苦痛のなんとリアルなことか。

逆に夢にまで見たあこがれの状況も、慣れてしまえばただの日常、過ぎてしまえば泡沫(うたかた)の日々にすぎません。

人生の一瞬一瞬が夢まぼろしであると、はっきりと見ることができるでしょうか。

そのようにはっきりと見た上で、一瞬一瞬を大切に生きることができるでしょうか。

とりあえず、毎日楽しければいいじゃないかって?

それは確かにそうですよね。

きちんと楽しく生きられるならば、それはそれで申し分ありません。

でも、生きることのしんどさが、楽しさを上回ってしまったときには、少し立ち止まって考えるのもいいでしょう。

この人生のはかなさと、はかないがゆえの重みについて。
[姉妹サイト、魂の次元@blogspotもよろしく]



☆こちらもよろしくね。

[人生を気楽に生きるためには、これだけ分かってれば十分]

[自由に生きるキミたちへ]

[ 坐禅とか瞑想とか、かたくるしく考えないで気楽にやってみましょう ]

[ 悟ってしまえば「悪」なんてなくなるんです ]

[ 幸せ魔神を呼び醒ませ ]

[ ダボラ・カダブラ ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です